本文へスキップ

新しい視点で太田を元気にするOta Municipal High School

校長あいさつPRINCIPAL MESSaGE

太田市立太田高等学校は、地域に愛され、地域に貢献できるグローバル人材の育成を目指しています。


太田市立太田高等学校Webページへようこそ

  本校は、昭和39年4月に開校し、一昨年、併設型中高一貫校である太田市立太田中学校の一期生を迎え、これまでの太田市立商業高等学校から「太田市立太田高等学校」へ校名を変更いたしました。伝統ある商業科に普通科が加わり、新生、市立太田高校として、本年はすべての学年がそろう最初の年であります。生徒も教職員も、自らの手で市立太田高校を作り上げていくというプライドと責務をもって、日々の教育活動に取り組んでいきます。これまで以上に地域社会から求められ、地元企業のグローバル化に貢献できる人材を育成したいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。



学校運営

1 校訓
   誠実・友愛・創造

2 教育目標

  1. 学ぶ意欲を重視し、確かな学力・専門的知識を養う。
  2. グローバルな広い視野、高い視点、多面的な見方を身に付けさせ、ものごとに対する柔軟で論理的な思考力を養う。
  3. 旺盛な探求力、豊かな想像力、世界に通じるコミュニケーション能力、自立力を養う。
  4. 自他の敬愛と相互協力の理念に徹し、責任を重んじ規律を守り、豊かな情操を培うとともに、健やかな心身を養う。


3 育てたい生徒像

  1. 今やるべきことを常に考え、明るく生き生きと高校生活を送れる生徒。
  2. 高い志と広いグローバル的視野をもって、誠心誠意努力できる生徒。
  3. 相手の立場を理解した言動がとれ、コミュニケーション力の高い生徒。
  4. 地域・社会に求められる礼儀正しく心やさしい生徒。


4 教育方針

  1. 「授業第一主義」を基盤とし、生徒が主体的に学ぶことと知識の蓄積、両者のバランスを常に意識した授業を展開する。同時に授業内容の定着と深化を図る。
  2. 計画的なキャリア教育の実践により、生徒に高い志を持たせるとともに、グローバルな視点を通して、個々の生徒の人間力を培う。
  3. 真のコミュニケーション能力とは、発信能力と受信能力のバランスであり、他者を尊重することからコミュニケーション能力は育成されることを理解させる。

歴代校長

氏 名 在 職 期 間
初代 小此木 達夫 昭和39年 1月16日 〜 昭和44年 3月31日
二代 中里 一郎 昭和44年 4月 1日 〜 昭和48年 3月31日
三代 笠原 秀夫 昭和48年 4月 1日 〜 昭和53年 3月31日
四代 飯田 惣  昭和53年 4月 1日 〜 昭和57年10月31日
五代  反町 貫一  昭和57年11月 1日 〜 昭和60年 3月31日
六代 小板橋 義雄  昭和60年 4月 1日 〜 昭和63年 3月31日 
七代 中島 和水  昭和63年 4月 1日 〜 平成 2年 3月31日
八代  正田 喜久  平成 2年 4月 1日 〜 平成 4年 3月31日
九代  高橋 克明  平成 4年 4月 1日 〜 平成 7年 3月31日
十代  竹前 勝夫  平成 7年 4月 1日 〜 平成 9年 3月31日
 十一代  山崎 蓁一  平成 9年 4月 1日 〜 平成13年 3月31日
 十二代  門倉 憲一  平成13年 4月 1日 〜 平成17年 3月31日
 十三代  山本 勝昭  平成17年 4月 1日 〜 平成19年 3月31日
 十四代  福田 一男 平成19年 4月 1日 〜 平成22年 3月31日
 十五代  天田 比呂志  平成22年 4月 1日  平成25年 3月31日 
 十六代  塚越 貴之  平成25年 4月 1日 〜 平成29年 3月31日
十七代  竹内 敏彦  平成29年 4月 1日 〜


太田市立太田高等学校

〒373-0842
群馬県太田市細谷町1510

TEL 0276-31-3321
FAX 0276-32-3004

学校事務室 ota3321@mx.city.ota.gunma.jp